第1章 CMSとは
(2) 学校サイト管理者の役割

 学校CMSでは、役割分担として、学校サイト管理者、承認者、作成者の3つの役割を設定しています。それぞれの役割について下の表に示します。

 役割
 内容
 学校サイト管理者 学校のWebサイト(CMS)を主になって担当する職員です。Webサイト(CMS)の構成、ページの作成、運用を行います。いわゆる、学校ホームページ担当者です。
 承認者 [学校生活]メニューで作成者が投稿する記事について、確認し、承認する役目です。
 作成者 [学校生活]メニュー、[行事アルバム]メニューで、記事や画像を投稿することができます。



 主なページは、学校サイト管理者が作成することになりますが、承認機能のある[日誌]モジュールでは、作成者権限の先生が担当のページに記事を書き込み、承認者の校長先生が記事内容を確認し、記事の内容を承認することで、Webに公開するといった使い方ができます。




 絵文字:重要学校サイト管理者は、学校CMSにおける最上位の権限をもちます。学校サイトのすべてのページの編集権限をもち、ページの追加、削除、アカウントの登録情報の変更も行うことができます。学校サイト管理者は責任と自覚をもって、学校CMSの運用をお願いします。
学校サイト管理者のアカウント、パスワードは、学校CMSの運用にとって、非常に重要な学校情報です。厳重な管理をお願します。